tanpopodouu’s diary

東洋医学と山

コロナ

日赤医療センタードクターからです。拡散してください。この数日でコロナウイルス感染症の患者さんが急増しています。私の病院のコロナ病床は満床になりました。重症者もいます。現場ではすでに医療崩壊のシナリオも想定され始めています。正直、報道よりも…

コロナ

コロナでストレスも溜まり今日は近所の山にいきました。メジロが出迎えジュウイチまで姿を見せてくれ気持ちいい山歩きでした。途中すれ違った人が「山の中でも少し離れた方がいいですかねぇ」と笑いながら声をかけてくれました。新緑の山は元気いっぱいでそ…

経絡のこと

経絡のはなしは なんだか空想の話のようでなにか伝わってない感じそりゃそうだ見えないからね臨床的には 腰が痛いのに足の委中や崑崙というツボで楽になったり喉が痛いのに手の液門や孔最というツボで楽になる首の天柱 風池というツボで目が明るく よく見え…

奇経

身体に14本の経絡が通ってると言いましたが実はそれ以外にもまだ道があります。心身が疲れ切って一杯 一杯になってる時天気によって調子が悪い時アレルギー症状が起きたりした時そんな時 経絡に流れてた気血がどこかで通れなくなり あふれ出た時緊急的に流れ…

東洋医学の真髄

気の通り道 経絡の紹介です。そもそも誰が発見したのか?むかし昔の話なので分かりません2000年も前のことで。でも初めから今の経絡の流れがあったわけでなく時代と共にいろんな先生たちが付け足し検証しながら今の流れになったようです。経絡は五臓六腑につ…

経絡

身体の中には14本の経絡という気の流れ道があり気は見えないので経絡も見えませんが見えない道に見えない気が流れていてヒトは生きているわけです。その気の通り道 経絡にツボが361ケあるのです。そのツボに針や灸 マッサージをしながら気の流れがスムーズに…

経絡

東洋医学とは何だろう?これを説明するのは 多方面からの視点で答えるとなると大変になるので簡単に言うと 西洋医学とは違うものです。何が違うかというと もう解剖学から生理学から全部ちがうのです。違うものだから併用して治療を受けるのはとてもいいこと…

東洋医学

2020年1月26日今まで休日の山登りのことを書いていましたが思うところあって ボケ防止もかねて東洋医学に関わることをつづっていきます。まずは自己紹介 これはいつも苦手 なぜなら人前で話すのは緊張して 膝や手までガクガクと震えて それ以来 自信喪失 だ…

めまい ふわふわ

2020年1月21日昨日は体調のすぐれない方が多かったです。ふらふら めまい ドウキ胃の調子 頭痛 どうやら天候のせいのようです。同じような人がたくさんいる時はたいてい天気のせいで治るのもみんな同じ時期に治る。海の仕事の方が来られて今日は冬なのに南…

新年のあいさつ

2020年 始まりました。干支は庚子九星は七赤金星風水ではしあわせ数字は3と6しあわせ方位は東南と北西らしいです。今年もみなさんとのご縁を大切にしながら 頑張っていきます。よろしくお願い致します。

令和二年 初山歩き

1月5日 深入山今年は深入山より始まる。雪が薄ら積もってるいつもなら1〜2メートル本日は足跡もなくどうやら1番のり非常に気持ちいいでもクマが心配クマも冬眠して無いかも変な動物の鳴き声もする東から登り南の林間コースにおりる無事下山 憩いの広島で温…

大晦日の弥山

朝 9時ごろより上るまだ 観光客も少なく屋台の準備や大掃除で忙しそう風が強く 寒いが初雪が見れた。弥山はシカが住んでるので野草があまりないのがさみしい。アセビばっかりコムラサキとペンちゃん。下山は大聖院で1年の感謝でお参り。牡蠣の天ぷらとアナ…

秋の竜王山から池の段

2019年10月6日トリカブトを見に竜王山までクルマで上りらくらくコースで池の段まで。小雨や陽射しの不安定な天気でしたが気持ちいい山道でした。リンドウやヤマラッキョウ目当ての目を引くような青のトリカブトミツバチが蜜を吸ってました。立烏帽子山ではガ…

牛曵山から出雲峠

夏休みに台風の影響で 寒風山に行かれなかったので 県民の森に行く。 梅雨の時期にも来た。 その頃の花は終わり 葉だけがしっかり頑張ってる。 今日はモミジハグマ 正露丸のゲンノショウコ ツルギキョウ ツルニンジン ワレモコウ ツチアケビと楽しませてくれ…

三徳寺 投入堂

2019年8月12日 朝10時到着 すでに駐車場は混雑してる とにかく暑い。 登山料を支払って厄除けのお札をいただき 登る。修行の山なので ケサを掛けて登る。 手足を使って登る。途中の文殊堂の縁側が最高 投入堂も良いがここの方が気持ちいい。 あと 沢のイワタ…

牛曳山から毛無山

四国の寒風山に行く予定が 雨模様なので少しでも北の県民の森に。 幸いにも雨に会わず 人にも会わず モヤのかかった幻想的なヤマでした。 ウツボグサ ヨメナ ギボシ ササユリ キスゲ ヒヨドリ草 花がいっぱい ブトもいっぱい 深呼吸たっぷり 元気いっぱい 風…

森の木に住むモリアオガエル

2019年6月9日 安芸太田町加計の吉水園に朝9時到着 二日前の雨でいっせいに花が咲いたように モリアオガエルの卵があちこちに。 木の上にはオスのモリアオガエルが 池にはオタマジャクシを狙うイモリが なんとシマヘビも木の上にいました。 美しい日本の庭園 …

ギンリョウソウの天狗石山

2019年6月2日 前回 サンカヨウの花を見過ごして 悔しい思いをしたので オオヤマレンゲを目指して 天狗石山に 登山口には車が一台だけ イヤな予感とじっくり見れる期待感 登り始める 備北の山の雰囲気があり 好きな山 今日のギンリョウソウは透き通る様な白で…

サンカヨウの大万木山

5月19日 朝6時出発 登山口の駐車場が満車になる前に到着 風が気持ちよく 午後の雨が心配だったが 天気にも恵まれ気持ちいい一日でした 尾根のブナ林はこの山が最高! 風の音も久しぶりに聴いた感じ! サンカヨウの花は終わってたけど チゴユリが楽しませてく…

気になってた城山

西日本豪雨から登ってなかった城山に 行ってきました。 揺るぎ観音から上る。 残酷な風景が広がっていた。 赤穂峠までの登山道も二箇所切断されてた。 峠から頂上までは 何事も無かったかのように 続いている。 草木は鮮やかな色で芽吹き 生命力を感じ 小鳥…

雪の少ない深入山

二月だというのに雪が少なく ササがのぞいてる 今日は一番乗りらしく 足跡がない 自分の足跡が残るのは 気持ちいいやら 恥ずかしいやら ゆきもチラチラしながら 青空ものぞき 人もいない 気持ちいいです うさぎの足跡があった これは嬉しい いつもは1~2メー…

貝母が勢いよく出てきました。

出てきてました。 貝母の芽が。 春の訪れを感じますよね。 嬉しくなります。 花が咲いたら アップしますね。 漢方薬になる貝母は 喉に効きます 清肺湯に使われてます ユリ科でアミガサユリとよばれ 球根です。 喉のツボは魚際 孔最 あとは腫れてるところをツ…

2019年はじめの山は王子が岳

2度目の王子が岳 快晴の空と穏やかな瀬戸内の海 瀬戸大橋の向こうには 讃岐富士が美しい タンカーが行く中 魚釣りの船があちこちに。 やっぱりこの山は気持ちいい 来年もはじめの山はここにしよう ニコニコ岩もあるし 修験道もあるし 運も開けそう!

明けましておめでとうございます㊗㊗

5日より診療が始まりました 島根の須佐神社 宇品の神田神社 熊野の熊野神社にお参りして 今年も頑張って行きます‼ 今年はスタッフの教育に力を入れて 私も含めて たんぽぽ堂のレベルを上げ 皆さまに喜ばれるよう頑張って行きます‼ 山登りはゆっくり花や鳥や…

宮島の弥山

五年ぶりの弥山 7時45分のフェリーで 宮島に到着 紅葉谷コースから大聖院コース お昼はアナゴ飯と焼き牡蠣を 楽しみにスタート 五年前を思い出しながら上る 尾根から展望台までの道が 腰にくる 舗装した道は嫌だ 消えずの火で お不動さんを拝んで展望台に …

初冬の掛頭山

広島 芸北の掛頭山に登って来ました。 登山口は倒木の為 通行止めに。ミズナラの木の中登ってすぐに頂上。 最近 楽な山ばかり。 頂上はスキー場のリフトの最終地 ゲレンデ越しに 眺め良好 見晴らし良好 陽当たり良好 ここは柏の木の群生地 落ち葉も柏の葉だ…

紅葉の県民の森

白樺の林から始まり 長い谷を滝まで進み越えて ブナ林に入る。 映り変わる景色に身体が 喜んでる。 尾根を風と共に進み 比婆山連峰がみわたせる。 3つ目のピークが毛無山 たくさんの人が楽しそうに 弁当をたべてる。 真っ赤なカープのユニフォームで 登って…

秋の深入山

台風一過の深入山に行って来ました。山はガスがかかっていましたが時折流れてあたりが見渡せる瞬間は見とれてしまいます。 ムラサキセンブリ 可愛らしいウメバチソウ 小さな花があっまってるシラネセンキュウ マツムシソウ シロオニタケは白いチョコレートの…

伊予富士

寒風山トンネル登山口より登る いきなり急登 峠まで行くと ガラリと雰囲気がかわり ササ原が広がり尾根を通り過ぎる 風と音が爽快! 気持ちよく頂上を目指す 最後の登りで気合いを入れて 伊予富士頂上 石鎚山脈が見渡せ 四国の山深かさに圧倒されます リンド…

台風

台風20号が近づいて来ると 頭がいたい ギックリ腰になりそう メマイがする 身体のあちこちが痛いと 次から次へと 出てくる ヒトのからだの中まで 影響を及ぼす熱帯性低気圧 東洋医学では カラダの中も自然の内と考えてます。だからカラダの中にも風が吹きま…